25周年

25年 みんなのきらきらくらぶ その後もしっかり継続中!

私自身の子育ての迷いから始まった活動が、気がつけばもう25年。

育児雑誌に載っていた親子の教室がとてもうらやましくて、自分たちが暮らす敦賀にもあったらいいのに...との思いから勉強し始めたのがきっかけでした。

まだまだつたなかった保育士という仕事を辞め、「母」となった私。
子育てはなかなか思い通りにはならず、「何で?」と思うことばかりでした。思っていたよりも辛いことがたくさんありました。

子どもが評価されるたびに、自分の評価のように思ってしまうのは、子どもがいくつになっても同じでした。
褒められればとてつもなく嬉しいけれど、注意されれば、こんなに一生懸命頑張ってるのに...と辛くなる。

実は、そんな母としての迷いの中で、「きらきらくらぶ」の活動を続けてきました。

お母さんたちの声はそのまま、自分の声でもあったように思います。そんな思いがあるからこそ、今もお母さん達の声に耳を傾けたくなるのだと思います。

「安心して子どもを預けられるところ、連れて行けるところがないものか。」と思っていた自分がいました。
その「安心」は「安全」という事だけではなく「母として頑張らなくてもいい安心」だったように思います。
評価されない「安心」だったのかもしれません。

笑ってる子も 泣いてる子も
怒ってる子も みんな集まれ!
そのまんまでいいんだよ
ありのままのそんなみんなが大好きです!

「きらきら」のこのキャッチフレーズは、そんな思いから生まれました。それは言い換えれば、「わが子が愛されている安心感。」です。

20周年から5年たちました。
この5年の間にスタッフもかわり、保護者の方にご心配をおかけした年もありました。

しかし、私と同じ想いのスタッフが、きらきらに集まってくれました。
想いをしっかり受け止め、子どもたちに向き合ってくれています。私達は、なんて幸せなのだろうと思います。
保護者の皆さんからいただく言葉、そして子どもたちの笑顔がスタッフの宝物です。

きらきらくらぶは任意団体から始まり、2002年に福井県では初めて子育て関係のNPO法人を設立しました。

2004年にできた子育て支援拠点「きらりんひろば」は、全国のひろばの先がけでした。
また「きらきらキッズ」のような保育施設があるのも他県では珍しいようです。
来年には二つ目の「小規模保育園」が新設される予定です。
このように行政と一緒に子育てを応援できていることが私たちの誇りです。

転勤されてきた方の、「敦賀で子育てできてよかった」と言う声をよくお聞きします。また、転勤が決まると「もう少しここにいたかった」とおっしゃいます。「敦賀で子育てできてよかった」と、皆さんに思っていただけるようにこれからも活動を続けたいと思います。

今後ともご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

特定非営利活動法人子育てサポートセンターきらきらくらぶ
理事長 林  惠子

きらきらくらぶの活動の様子をブログでご紹介しております


おやこきらりんひろばのサークル紹介のページへ飛びます。

Creative Commons License Powered by Movable Type 5.2