20周年

保育士であった私がわが子への評価を自分の子育てへの評価のように感じ、戸惑った20年前。

「親子」ってどんなものなのだろう...と、苦しむ中見つけたのは「母と子のプレイルーム」という、親子を学ぶ通信教育でした。
自分の心の中のもやもやが少しずつ晴れるに従い、同じ気持ちでいる母親たちと、楽しく育児がしたいと始めた敦賀の教室。

それから20年間、敦賀のお母さん方と、ともに喜び、悩み、学び、歩み続けてきました。

初めは、たった一人で始めた小さな部屋の小さな教室が、こんなに長く続けられている...それはきっと「母」の「迷い」が今も昔も変わらないからなのだと思います。
わが子がかわいいから悩み、迷う。そんな「子育ての迷い」にこれからもずっと寄り添っていきたいなと思います。

思い起こせば、10年前津内に拠点を持つに当たっては、たくさんの保護者の方の暖かなお気持ちをいただきました。
それがあったからこそ、NPO法人を立ち上げることになり、今こうして子育て支援をする「きらきらくらぶ」になりました。
ですから「特定非営利活動法人子育てサポートセンターきらきらくらぶ」は、お母さん方の手によって設立されたということなのです。

その後の10年間は、「子育て支援」の追い風が吹きました。
核家族が増え、親から子への育児の受け渡しが難しくなり、子育てしにくくなると同時に、「少子化」の波が押し寄せました。そして、自宅で子育てする母親の「助けてほしい」という思いが、国を動かし始めたのです。
行政や企業も子どもや子育てにとても優しくなりました。
「支援センター」「子育て広場」「託児」「一時保育」など家庭で子育てをしている人たちへのサポートも充実してきました。
「子育て広場」は「地域子育て支援拠点事業」として、児童福祉法に基づく施設となり、地域に根づいてきました。

さあ、次の10年は、どんなふうに子育て支援は変わっていくのでしょうか。
たくさんのことが変わっていく中で、きらきらの思いはずっと同じです。

笑ってる子も、泣いてる子も、怒ってる子も みんなみんな集まれ!
そのまんまでいいんだよ... ありのままのそんなみんなが大好きです!

キャッチフレーズ通り、一人ひとり個性豊かに輝くものをいっぱい持った子ども達が大好きです。少しでもたくさん、子ども達の素敵なところを保護者の方たちと共に見つけていきたいと思っています。

「困ったときは、きらきらに行こう!」

敦賀で子育てしている方にそう思っていただけるようこれからも勉強し続けていきたいと思います。

20年間、ご支援ありがとうございました。そしてこれからも末永くよろしくお願いいたします。

♪♪NO.1にならなくてもいい、もっともっと特別なOnly1♪♪

私の大好きな歌です...

特定非営利活動法人子育てサポートセンターきらきらくらぶ
理事長 林 恵子

きらきらくらぶの活動の様子をブログでご紹介しております


おやこきらりんひろばのサークル紹介のページへ飛びます。

Creative Commons License Powered by Movable Type 5.2